交通事故の法律相談
交通事故の慰謝料は、任意保険基準よりも、弁護士基準で算定した方がはるかに高額なのは事実です。 まずは、あなたの、弁護士基準による慰謝料金額をご確認ください。
弁護士による無料相談実施中03-3265-4981(受付)

裁判・調停・ADRによる解決


示談不成立の場合の解決方法

保険会社との交渉の結果、示談が成立しなかった場合には、裁判所へ調停・訴訟を申立てたり、交通事故紛争処理機関に示談の斡旋を依頼することになります。


どの方法によるべきかは、一概には言えませんので、


弁護士が争いの生じている箇所(事故対応、過失割合、障害等級の認定の問題なのか)に応じて、最も適した手続きを選択していきます。

裁判所での解決

訴訟

一般的に言われる裁判手続きであり、当事者の主張・立証をもとに最終的に裁判所が
判決を出します。判決により最終的な解決が図れますので、最も紛争解決には効果的です。

訴訟に至った場合でも、判決に至らずに裁判上の和解が成立することも多いです。

調停

調停は、2名の調停員と裁判官が、当事者の主張を聞き、双方が妥協点を見つけ合意
できる場合に話し合いで解決する手段です。

紛争処理機関での解決

訴訟よりも簡易迅速な手続きが予定されていますが、事実関係に争いがある場合などは手続きになじまないといえます。

日弁連交通事故相談センター

日弁連交通事故相談センターでは、交通事故にかかる損害賠償に関する無料相談のほか 、示談斡旋及び審査等の業務を行っています。

交通事故紛争処理センター

交通事故紛争処理センターでは、自動車交通事故の損害賠償に関する紛争について、所属する弁護士の面接相談が無料で行われており、示談斡旋を依頼することも可能です。

弁護士会の仲裁センター

仲裁を依頼すると、仲裁人を含めて紛争の解決に向けた話し合いが行われます。

弁護士相談・依頼方法

「無料相談申込み」フォームから、または電話で当事務所までご連絡ください。
交通事故の保険金請求問題について、弁護士が無料で相談に応じます。
弁護士に依頼をご希望の場合は、打ち合わせの日時を調整いたします。
電話での無料相談
電話での無料相談はこちらから 03-3265-4981
にご連絡ください。
その際、「交通事故の無料相談を希望する」とお伝えいただければ担当の弁護士におつなぎ致します。
Eメールでの無料相談

「無料相談申込み」フォームからご連絡ください。

無料相談の申込みはこちら
メールでのご相談は、上のボタンをクリックしてください。
(クリックしても、自動的に送信されることはなく、お問い合わせ・無料相談申込みフォームへ移動するだけなので、ご安心ください。)