交通事故の法律相談
交通事故の慰謝料は、任意保険基準よりも、弁護士基準で算定した方がはるかに高額なのは事実です。 まずは、あなたの、弁護士基準による慰謝料金額をご確認ください。
弁護士による無料相談実施中03-3265-4981(受付)

過失相殺とは

過失相殺とは

過失相殺とは、損害の公平な分担という趣旨から、交通事故の発生につき被害者にも落ち度がある場合に、その過失割合に応じて損害賠償額から控除するものをいいます。


交通事故については、被害者側にも何らかの落ち度がある場合が多いので、全責任を加害者に負わすのは公平ではないことに基づきます。


過失相殺で控除される過失割合については、交通事故の対応により類型化されています。

すなわち、自動車対歩行者、一方が赤信号の場合、交差点での事故等により細かく類型化され、過失割合が定められています。


詳しくは、「【民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準】別冊判例タイムズ16号(東京地裁民事交通訴訟研究会編)」に記載されています。

損益相殺とは

損益相殺とは、被害者が交通事故により利得を得た場合には、その金額を損害賠償額から控除するで、適正な賠償額を算定することをいいます。


一つの交通事故により、二重の利得を被害者が得ることを防止し、賠償金額の適正さを確保するものですが、何が損益相殺の対象となるかは定めはありません。


一般的に問題になることが多いものについて具体例を示します。

損益相殺の対象となるもの

損益相殺の対象とならないもの

(1) 自賠責保険金
(2) 労災保険による給付金
(3) 健康保険法による給付金
(4) 国民健康保険法による給付金

(1) 生命保険金
(2) 傷害保険金
(3) 搭乗者傷害保険金
(4) 失業保険金
(5) 生活保護給付金

弁護士相談・依頼方法

「無料相談申込み」フォームから、または電話で当事務所までご連絡ください。
交通事故の保険金請求問題について、弁護士が無料で相談に応じます。
弁護士に依頼をご希望の場合は、打ち合わせの日時を調整いたします。
電話での無料相談
電話での無料相談はこちらから 03-3265-4981
にご連絡ください。
その際、「交通事故の無料相談を希望する」とお伝えいただければ担当の弁護士におつなぎ致します。
Eメールでの無料相談

「無料相談申込み」フォームからご連絡ください。

無料相談の申込みはこちら
メールでのご相談は、上のボタンをクリックしてください。
(クリックしても、自動的に送信されることはなく、お問い合わせ・無料相談申込みフォームへ移動するだけなので、ご安心ください。)