交通事故の法律相談
交通事故の慰謝料は、任意保険基準よりも、弁護士基準で算定した方がはるかに高額なのは事実です。 まずは、あなたの、弁護士基準による慰謝料金額をご確認ください。
弁護士による無料相談実施中03-3265-4981(受付)

労災保険について

勤めている会社の業務中あるいは通勤途中に交通事故に遭った場合には、会社が加入する労災保険に対し、第三者行為災害として労災保険給付を受けることができます。この場合には、健康保険は適用になりません。

労災保険の給付内容としては、下記のタイプがあります。


療養補償給付

休業補償給付

遺族補償給付

葬祭費

傷病補償年金

特別支給金

請求方法

労災保険の給付を受けるためには、労災保険給付の請求書、第三者行為災害届と所定の添付書類を所管の労働基準監督署に提出します。


労災保険と自賠責保険等の関係

労災保険給付金の支給を受けることができる場合、労災保険給付と自賠責保険のいずれを先に行うこともできます。

労災保険給付を先に行った場合には、支給を受けた金額について、
加害者(保険会社含む。)に対する損害賠償請求権を国が取得します。

自賠責保険を先行している場合で、実際に自賠責保険から保険金が支払われていた場合には、労災保険給付金から自賠責保険での既払金額を控除した金額が支払われます。

健康保険について

交通事故が、業務中や通勤中に遭遇したものでなければ、健康保険を使用することができます。


病院によっては、健康保険よりも自由診療の方が診療報酬が高く、また診療報酬請求の手続きが簡単であるので、交通事故の場合には健康保険は利用できないと間違ったことを説明される場合があります。


しかし、健康保険を利用することに何ら制限がありませんので健康保険を利用して問題ありません。

請求方法

健康保険で治療を行うには、第三者行為による傷病届に交通事故証明書を添付して保険者に提出します。

弁護士相談・依頼方法

「無料相談申込み」フォームから、または電話で当事務所までご連絡ください。
交通事故の保険金請求問題について、弁護士が無料で相談に応じます。
弁護士に依頼をご希望の場合は、打ち合わせの日時を調整いたします。
電話での無料相談
電話での無料相談はこちらから 03-3265-4981
にご連絡ください。
その際、「交通事故の無料相談を希望する」とお伝えいただければ担当の弁護士におつなぎ致します。
Eメールでの無料相談

「無料相談申込み」フォームからご連絡ください。

無料相談の申込みはこちら
メールでのご相談は、上のボタンをクリックしてください。
(クリックしても、自動的に送信されることはなく、お問い合わせ・無料相談申込みフォームへ移動するだけなので、ご安心ください。)